朝ドラで観光キャンペーン=宮城県気仙沼市〔地域〕

宮城県気仙沼市は19日、同市が舞台となったNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」に出演した俳優を起用した冬の観光キャンペーン「ただいま、気仙沼」を開始した。2022年3月まで、スタンプラリーや限定宿泊プランなどを楽しめる。
主人公の祖父母役を演じた藤竜也さん、竹下景子さんを起用。2人が市内で景色や海の幸を堪能している写真を、観光ポスターやパンフレットに掲載した。
都内で開かれた市の記者会見に、藤さんと竹下さんが登壇。市内での朝ドラ撮影時の思い出などを語った。藤さんは「地元の方がフレンドリーでびんびん来た。気仙沼が大好きになった」と笑顔を見せ、竹下さんは「冬はメカジキがおいしいので、ぜひ食べに行ってほしい」とアピールした。
市の担当者は「(新型コロナウイルスの)感染状況が全国的に落ち着いてきたので、ぜひ『ただいま』という気分で足を運んでほしい」と呼び掛けている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする