東京・十条に30階超の駅前複合施設 “住宅・商業・公益”一体で新たなにぎわい創出

日鉄興和不動産、東急不動産が参加する十条駅西口地区再開発組合は、東京都北区上十条二丁目で建設中の「十条駅西口地区第一種市街地再開発事業」について、施設名称を「J& TERRACE(ジェイトテラス)」、建物名称を「J& MALL (ジェイトモール)」に決定したと発表した。

十条銀座商店街など「にぎわいの拠点」はそのままに、まちとしての魅力や機能の向上を図り、駅前に新たなにぎわいと緑豊かな空間を創出するとしている。

計画地はJR埼京線の十条駅西側。地上39階、地下2階建て総戸数578戸の分譲マンションを中心に、駅前ロータリー整備を含めた「公共」「商業」一体の大規模複合再開発施設を建築する。地区面積は約1万7000平方メートル、延床面積は約8万979平方メートルとなる予定だ。

まちづくりのコンセプトは「“Together” ~この街と、ともに~」で、十条が大切にしてきた「今の街の魅力」を次代につなぎ、地域の人々とともに駅前新拠点の創造を目指す。建物名称、施設名称の共通ネーミングとして冠した「J&(ジェイト)」は、十条(JUJO)の頭文字「J」と、「ともに」の意味として「&」で「十条と=J&(ジェイト)」とした。

建物名称の「J& TERRACE」は、「テラス=集いの場、緑豊かな駅前拠点」「未来を照らす」との意味を持たせた。地域のにぎわいや交流を育む駅前広場をはじめ、地下には公共駐輪場などを整備し、緑豊かな空間を創出するとともに、地域の災害対応力を強化する。

「J& MALL」は、地域住民や十条を訪れた人々に対して、新しい「にぎわい」「やすらぎ」「出会い」など、多面的な機能を提供できる「モール=複合施設」と組み合わせた。建物の1~4階の一部を商業・業務フロアとし、公共施設や商業施設を整備する。

同事業は、2012年10月に都市計画の決定を経て、21年3月に工事を着工。24年度の竣工を予定している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする