カンニング竹山、辞職した木下元都議に「お辞めになったし相手にしちゃダメ」

タレントのカンニング竹山が24日、コメンテーターを務めるフジテレビ系「バイキングMORE」(月~金曜・午前11時55分)に生出演した。
番組では、今年7月の東京都議選期間中に無免許運転で当て逃げ事故を起こして書類送検され、7回にわたる無免許運転で在宅起訴された木下富美子都議が22日、東京都庁で弁護士同席の下で緊急会見、議員辞職を発表したことを特集した。
竹山は今回の会見を「はじめびっくりしましたけど、会見聞いた時に。すごい会見だなと思ったんですけど。あとで冷静になって考えたんです。そしたら、納得がいったんです」と切り出し「なんで納得がいくかっていうと、この人、選挙前に無免許運転でがんがん乗っていて、それを黙って、うそついて受かった人でしょ?そういう人はこういう会見を平気でできるなって」とし「選挙期間中に事故起こして、それ黙って『みなさん、お願いします』って言って受かった人ですよ。そんな人はやっぱりこの会見して、あなたたちのせいで仕事もできませんってそういう人、言いますよね?だから、結局はもうお辞めになったし、相手にしちゃダメなんだって僕はすごく感じました」とコメントしていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする