冬は東日本以西で低温傾向=日本海側は大雪の恐れ―気象庁

気象庁は24日、冬(12月から来年2月)の3カ月予報を発表した。ラニーニャ現象の影響で、東日本以西は冬型の気圧配置になって寒気の影響を受けやすい。このため平均気温は東日本で平年並みか低く、西日本と沖縄・奄美地方は平年より低い見込み。北日本(北海道と東北)は平年並みか高いと予想されるが、北極域から寒気が南下した場合は低温になる可能性がある。
日本海側の降雪量は北日本ではほぼ平年並みだが、東日本で平年並みか多く、西日本で多い。同庁は「早い段階から大雪に十分備えてほしい」としている。
降水量は北日本の日本海側がほぼ平年並みで、北日本の太平洋側と東・西日本の日本海側で平年並みか多い。東日本の太平洋側は平年並みか少なく、西日本の太平洋側と沖縄・奄美は少ない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする