勤務先出た後に事件に巻き込まれたか…雑誌記者の女性が行方不明となり23年 両親らが情報提供呼びかけ

三重県伊勢市で当時24歳だった雑誌記者の女性が行方不明になって24日で23年が経ち、両親や警察が情報提供を呼びかけています。

雑誌記者の辻出紀子さん(当時24歳)は1998年11月24日の夜、三重県伊勢市の勤務先を出た後に行方不明となり、三重県警は事件に巻き込まれたとみて捜査を続けています。

24日午前8時ごろから、伊勢市の近鉄宇治山田駅で、両親や三重県警の警察官らが辻出さんの顔写真が載ったチラシを配り、情報提供を呼びかけました。

辻出さんの父・泰晴さん(74):
「我々もあと10年生きられるかどうか分かりませんので。なんとか皆さんの力で見つけていただきたい」

三重県警伊勢署:(0596)20-0110

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする