ワクチン接種、「間隔6か月」近く判断基準 研究グループ早期接種訴え

新型コロナワクチンの3回目の接種をめぐり、後藤厚労大臣は、2回目との間隔を「6か月」に前倒しできる具体的な判断基準を近く示す考えを明らかにしました。
後藤茂之 厚労相
「今、具体的基準の作成を進めておりまして、なるべく早く、ご要望にお応えできるようにお示しをしたい」
厚労省は3回目の接種の対象について「原則、2回目の接種から8か月がたった人」としていますが、自治体の判断で「6か月」に間隔を縮めることができるとしています。
全国知事会などからは基準を明確にしてほしいとの意見が上がっていることから、後藤厚労大臣は前倒しができる具体的な判断基準を近く示す考えを明らかにしました。
一方、東京大学の研究グループはきょう午後、オンラインで会見し、2回目の接種からおよそ6か月が経つと、感染を防ぐ抗体の値が大幅に減少するとの研究成果を発表しました。研究グループは「高齢者や基礎疾患を持つ人などは追加接種を可能な限り早く行うことが望ましい」としています。(24日15:51)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする