ローソン、紙パック入りの天然水を発売 プラ削減が狙い

ローソンは、紙パック入りのミネラルウオーター「ローソンオリジナル 天然水 330ml」(140円)を11月30日に発売すると発表した。プラスチック使用量の削減が狙い。

新商品は、関東・中部地区の一部ローソンとナチュラルローソン約6400店舗で取り扱う。同社によると、国内コンビニエンスストアのプライベートブランドでは初の試みだという。同容量のペットボトルと比較して、プラスチック使用量が約56%削減されている。また、商品1本につき1円が国土緑化推進機構に寄付される。

採水地は佐賀県鹿島市浜町で、硬度は190mg/Lの中軟水。330mlという手ごろなサイズとキャップ付容器で、持ち運びしやすいようにした。アルミ付き紙容器を使用しているので長期常温保存が可能。防災用として家庭でストックしやすいとしている。

ローソンは、プラスチック容器については2017年対比で30年までに30%削減する目標を掲げている。そのため、容器形状の変更、紙製弁当容器の採用、ナチュラルローソンでの洗剤量り売り実験などに取り組んでいる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする