中3男子、校内で刺され死亡=包丁で、同学年の男子逮捕―愛知県警

24日午前8時ごろ、愛知県弥富市の市立中学校で、3年の男子生徒(14)が3年の別の男子生徒(14)に包丁で腹部を複数回刺された。被害生徒は市内の病院に搬送されたが、約2時間半後に死亡が確認された。
県警は刺した生徒を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。生徒は「私がやったことで間違いありません」と容疑を認めているという。今後、容疑を殺人に切り替え、事件に至った経緯などを詳しく調べる。
県警によると、被害生徒の死因は出血性ショックで、肝臓を貫通する傷などを負っていた。包丁は刃渡り約20センチで、県警が押収した。学校の備品ではなく、加害生徒が持ち込んだとみられる。
市教育委員会などによると、被害生徒は校舎2階にある自分の教室付近の廊下で刺され、教室に逃げ込んで倒れた。騒ぎで駆け付けた教職員が、加害生徒に包丁を手放すよう促すと、素直に従ったという。学校が「生徒同士のトラブルがあった」と110番した。
2人は別々のクラスだが、2年の時は同じクラスだった。市教委によると、事前にいじめやトラブルの有無などは把握していなかったという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする