この冬は西日本に強い寒気 厳しい寒さと大雪に注意 3か月予報

この冬は西日本に強い寒気 厳しい寒さと大雪に注意 3か月予報…の画像はこちら >>
24日、気象庁はこの冬(12月~2月)の天候を発表しました。この冬は、厳しい寒さと大雪に注意が必要になりそうです。
西日本に強い寒気
この冬は、西日本に強い寒気が入りやすいのが特徴です。特に12月や1月がその傾向が顕著に出やすく、西日本は平年よりも寒さが厳しい冬になりそうです。東日本も、気温は平年並みか平年より低めの傾向で、冬らしい寒さになるでしょう。最近は比較的過ごしやすい冬が続いていたので、寒さが体にこたえるかもしれません。北日本は比較的寒気が入りにくいため、気温は高めの傾向ですが、気温のアップダウンなどに注意が必要です。2月になると、気温は全体的に平年並みに近づく予想です。
普段雪が少ない地域で大雪の恐れも
この冬の予想降雪量は、西日本の日本海側で平年より多い予想です。12月、1月と西日本に強い寒気が入りやすいことから、山陰など西日本の日本海側や北陸で雪雲が例年より発達し、ドカ雪による車の立ち往生が懸念されます。年末・年始など車で日本海側を移動される予定の方は、最新の天気予報を確認して、予定を見直してください。
関東など太平洋側は乾燥と厳しい寒さに注意
西日本や東日本は冬型の気圧配置になりやすいことから、太平洋側は平年より乾燥した晴天と冷たい北風の吹く日が多いでしょう。低温と乾燥はウィルスが増殖しやすいと言われています。体調の管理に十分な注意が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする