東京入管で暴行と米国人が提訴 元収容者の男性、歩行に支障

東京出入国在留管理局(東京都港区)で昨年6月、職員から腰を蹴られるなどの暴行を受け、歩行に回復困難な… [記事全文(外部ページを表示します)]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする