イケア、プラ包装を段階的に廃止へ 2028年までに

イケアは11月24日、環境負荷低減を目的に、消費者向け商品のプラスチック包装を段階的に廃止する方針を明らかにした。2025年までに新商品、28年までに既存商品の包装を、それぞれプラスチックから、紙などの再生可能素材に切り替える。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする