『恋です!』7話あらすじ ついに森生と父・誠二が対面するも…?

弱視の盲学生・ユキコ(杉咲花)と、不良少年だけど純粋な少年・森生(杉野遥亮)の恋愛模様を描く、日本テレビ系で放送中のテレビドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』。
ラブコメ作品ではあるものの、主人公のユキコが抱える『弱視』というハンディキャップを通して描かれる現代社会や、周囲の人間との関係性など、社会的な要素でも観る人の心をつかんでいます。
第7話では、姉・イズミ(奈緒)の誕生日を祝うため、森生と獅子王(鈴木伸之)を家に招くことにしたユキコ。
父・誠二(岸谷五朗)が出張で家にいないタイミングを狙ったものの、出張が延期になった誠二が家に帰宅するというハプニングが発生してしまいます。
イズミの誕生日会では、森生の『いい彼氏』ぶりが気に食わず、張り合おうとする父・誠二。一方で、獅子王とは意気投合するなど、こちらも波乱の展開…!
さらに、お酒が進んだ獅子王の『普段は見せない一面』に、イズミの恋も加速するなど、ユキコと森生以外の恋愛模様からも目が離せない『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』第7話は、2021年11月24日放送です!
恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~/日本テレビ系で毎週水曜・夜10時~放送
『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』のドラマコラムはこちらから
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする