新庄剛志、父親との思い出つづる 「頭痛薬をちょうだいとお願いしたら…」

プロ野球チーム『北海道日本ハムファイターズ』で監督を務める、新庄剛志さん。
野球に対する熱意はもちろん、就任会見やSNSなどでさく裂させる『新庄節』は、多くのファンの心をわしづかみにしています。
「最高」「声を出して笑った」 新庄剛志、期待を裏切らない就任会見
新庄剛志が、お客と呼ばない理由に「名言すぎる」「ずっと引っ掛かってたことだ」
そんな新庄さんは2021年11月23日、合気道の先生をしていたという、亡くなった父親との思い出をTwitterに投稿しました。
新庄さんがつづったのは、小学2年生の頃の話。
頭が痛くなった新庄さんは、父親に頭痛薬をお願いしたところ、「甘えるな」と怒られたそうです。
武道の一種を極めていたとあって、身体のことには厳しかったのかもしれません。しかし数秒後、父親は「今日だけだぞ」といい、薬を渡してくれたといいます。
※写真はイメージ
父親からもらった薬を服用した2分後、新庄さんの頭痛は改善されました。
そのことを喜んで父親に報告すると、次のような言葉をもらったそうです。
「剛志、人間気持ちばい」
合気道の先生をしてたお父さんに、小学2年生の時に頭が痛くて頭痛の薬を頂戴とお願いしたところ甘えるな しかし数秒後に今日だけやぞ と薬をくれた喜んで薬を飲んだら2分で頭が痛いのが治ったお父さんに有難うと伝えたら、剛志 人間気持ちばいその薬は下痢止めだった
そう、新庄さんが父親からもらった薬は、頭痛薬ではなく下痢止めだったのです!
『病は気から』ということを教えたかったのでしょうか。はたまた、頭痛薬を渡そうにも薬箱にストックがなかったのか…真相は分かりません。
父親の優しさに嬉しくなったからか、頭痛薬と思い込んで飲んだからか、新庄さんの頭痛が治ったのも不思議ですね。
親子のエピソードに、ファンからは「ユーモアがある」「同じようにいわれて育った」「素晴らしいお父様ですね」など、さまざまな感想が寄せられています。
父親の強い心を受け継いでいるからこそ、努力家で前向きな『ビッグボス』が誕生したのかもしれませんね!
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする