北海道で大雪=気象庁

北海道では24日、北部を中心に大雪になった。北方に発達した低気圧があり、冬型の気圧配置が強まったため。気象庁は、北海道の日本海側と太平洋側西部では25日にかけて吹雪による交通の障害や強風、高波に十分注意するよう呼び掛けた。
幌加内町朱鞠内では24日正午までの24時間降雪量が77センチとなり、この地点の昨冬までの最多記録を更新。名寄市では同日午後4時までの同降雪量が60センチに上った。
北海道の日本海側では25日午後6時までの24時間降雪量が50センチと予想され、雪崩にも注意が必要という。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする