兵庫・稲美町の放火 行方不明の伯父を任意聴取 遺体は小学生の兄弟と確認

兵庫県稲美町の住宅放火事件で、焼け跡から見つかった遺体は、DNA鑑定でこの家に住む小学生の兄弟だと確認されました。また、火事の直後から行方不明になっていた兄弟の伯父が見つかり、警察が任意で事情を聴いています。
この火事は今月19日深夜、兵庫県稲美町で木造住宅が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかったもので、警察は何者かが火を放った放火事件として捜査しています。
DNA鑑定の結果、2人の遺体は、この家に住む小学6年生の松尾侑城くん(12)と1年生の眞輝くん(7)だと確認されたということです。いずれも死因は、急性一酸化炭素中毒でした。
近くの住民
「本当に仲がいい兄弟。ずっとソフトボールの練習やキャッチボールをしていた。元気に育っているなという感じだった」
出火当時、この家には兄弟と同居する伯父(51)がいて、火事の直前に家を出る様子が付近の防犯カメラに写っていました。その後、伯父は行方が分からなくなっていましたが、24日午後、警察がこの伯父を発見。警察は伯父がなんらかの事情を知っているとみて、任意で事情を聴いています。(24日17:21)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする