小学生2人死亡の火災 伯父に殺人と放火の疑いで逮捕状

兵庫県稲美町の住宅が全焼し、小学生の兄弟が死亡した放火事件で、行方が分からなくなっていた51歳の伯父をきょう(24日)、大阪市内で発見。さきほど殺人と放火の疑いで逮捕状を取ったことが分かりました。加古川警察署前から報告です。
伯父の聴取はきょう(24日)午後から、こちらの警察署で続けられてきましたが、警察がさきほど、殺人と放火の疑いで逮捕状を取ったことがわかりました。
今月19日、兵庫県稲美町の住宅が全焼。小学6年生の松尾侑城くん(12)と1年生の眞輝くん(7)の兄弟が死亡しました。兄弟2人は両親と伯父(51)と一緒に住んでいて、当時、両親は出かけていて不在でした。警察は、現場の状況などから放火事件として捜査を開始し、火事のあと行方が分からなくなっていた伯父が事情を知っているとみて捜していました。
そして、きょう(24日)午後、大阪市北区の公園で発見。加古川署に任意同行し事情を聴いていましたが、容疑が固まったため、今夜、殺人と放火の疑いで逮捕状を取りました。
警察はまもなく伯父を逮捕する方針で、出火当時の詳しいいきさつを調べています。(24日23:08)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする