藤井聡太四冠 五冠に意気込み「盛り上げたい」

将棋の8大タイトルの一つ「王将戦」の挑戦権を得た藤井聡太四冠が、王将戦の挑戦者決定リーグで、永瀬拓矢王座との最終戦に臨みました。
対局には敗れたものの、藤井四冠はリーグ戦を5勝1敗の成績で終え、来年1月には渡辺明王将との七番勝負、そして史上最年少の五冠に挑みます。
藤井聡太四冠
「今回敗れたのは残念だが、全体としては自分の実力以上の結果が出せた。(王将戦に)挑戦できることになったので、シリーズを盛り上げられるように頑張りたい」
(24日22:12)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする