イケアの『サメぬいぐるみ』を祖母に預けたら…? 戻ってきた姿にジワる

家具や生活雑貨を売っている、北欧スウェーデン発の『IKEA』。
さまざまなヒット商品がありますが、中でも安定した人気を得ているのが、約100cmという大きさを持つサメのぬいぐるみです。
IKEAのサメのぬいぐるみを持つ、Anzu.(@_Anzu5656_)さん。
ある日、祖母からこんなことをいわれたといいます。
「綿が余ってるから、つめてあげる」
ぬいぐるみは、時間が経過するほど、中に入っている綿が縮み、形が崩れてしまいがちです。
祖母の申し出をありがたく思ったAnzu.さんは、綿入れをお願いすることにします。
その後、Anzu.さんのもとに戻ってきた、サメのぬいぐるみがこちら!
ばあちゃんが綿余ってるから詰めてあげるって言うからお願いしたらめちゃくちゃガッチリしたサメになって帰ってきた pic.twitter.com/ScecwJmK7v
めっちゃ肥えてる…!
サメのぬいぐるみは、細部にまで綿をつめられたのか、だいぶふくよかな姿になって登場。
ブランケットをかけてあげると、体を休めながら「もう満腹です」といっているようにも見せます。
心なしか切なげな表情に見えるサメ
写真はTwitterで話題を集め、「素敵なおばあちゃんだね」「パンパンでウケた」「2、3人は食ってそう」といったコメントが相次ぎました。
Anzu.さんは、新しく生まれ変わったぬいぐるみに関して「抱き心地がとにかく固い」と語っています。
祖母の愛情がたっぷりとつまったぬいぐるみは、当分の間、よれよれになることはないでしょう。
見るたびに、愛おしくて抱きしめたくなりそうですね!
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする