自称サッカースクールのコーチが強制わいせつで逮捕

先月、東京・東村山市の路上で面識のない20代の女性を押し倒し胸を触ったとして、34歳の男が警視庁に逮捕されました。
強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、自称・サッカースクールのコーチ・佐川禎一容疑者(34)で、先月13日の午後11時半ごろ、東京・東村山市の路上で帰宅途中の女性会社員(20代)を地面に押し倒し、胸を触った疑いがもたれています。
警視庁によりますと2人は面識がなく、佐川容疑者は西武池袋線・秋津駅周辺のコンビニエンスストアで女性を見かけ、1キロほど尾行して人気のない路上でわいせつな行為に及んだということです。防犯カメラなどの捜査で佐川容疑者の関与が浮上し、取り調べに対し容疑を認めているということです。(23日10:37)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする