堀江貴文氏、空港内の感染対策への疑問を指摘 「どうせ機内で密着しまくる」

堀江貴文氏、空港内の感染対策への疑問を指摘 「どうせ機内で密…の画像はこちら >>
実業家のホリエモンこと堀江貴文氏が23日、自身の公式ツイッターを更新。空港における新型コロナウイルスの感染対策に疑問を呈した。
【画像】フロアの光景に「面白いよね」
堀江氏は、北海道・新千歳空港のフロアに設置されたベンチ席の写真を投稿。「新千歳空港にて。面白いよね。どうせこの後機内で密着しまくるのにね」とツイートした。
写真のベンチには、乗客同士の密接を防ぐために使用禁止を示す紙が貼られ、その隣には「密接をさけよう」と書かれたイラストが貼られたテーブルも写っている。
関連記事:今や危険生物のコウモリが機内を旋回 乗員乗客パニックで旅客機が引き返す事態に
もちろん、航空機では高機能の空調システムや座席周りの消毒、搭乗順のグループ分けなど、さまざまな感染対策が実施されている。
ただ、緊急事態宣言とまん延防止等重点措置が解除された先月以降、便によっては満席になることも。確かに搭乗前は間隔を空けていても、機内では乗客同士の距離が近くなることもあるかもしれない。
堀江氏の投稿に、ユーザーからは「機内はマスクをしているから大丈夫ということなんでしょうか」「公共の場はみんなこんな状態ですね」などと共感が寄せられた。
その一方で、「機内感染なら追跡できるからでは」「密着時間減るんだから無駄ではないかと」と指摘するコメントも届いている。
新千歳空港にて。面白いよね。どうせこの後機内で密着しまくるのにね。 pic.twitter.com/l1On40DuC0
堀江貴文(Takafumi Horie) (@takapon_jp) November 23, 2021
(文/Sirabee 編集部・けろこ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする