岐阜・白川郷で「とちの実の皮むき」

本格的な雪の季節を前に、岐阜県白川村で、「とち餅」に使うとちの実の皮をむく作業が行われました。
合掌造りの観光施設では、地元の農家の人たちが囲炉裏端に集まって、水に浸して柔らかくしたとちの実を石で叩き、皮をむいていきました。
岐阜県内はきょう、12月並みの寒さとなっていて、飛騨地方ではあすにかけて雪が降る所もありそうです。(23日14:29)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする