鎌倉の住宅で78歳男性死亡 腹など数か所刺され血を流し

神奈川県鎌倉市の住宅で78歳の男性が腹などを刃物のようなもので刺され、死亡しているのが見つかり、警察が殺人事件として捜査しています。
22日午後7時半ごろ、鎌倉市の住宅で、無職の奥村直司さん(78)が腹など数か所を刃物のようなもので刺されて倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。
警察によりますと、奥村さんは午後1時半頃に同居する奥村さんの妹(74)と話したということですが、その後、妹が夕食の時間になり2階の部屋に呼びに行ったところ、倒れている奥村さんを発見したということです。
家には奥村さんの長男(40)と妹の長男である甥(46)も暮らしていましたが、妹が奥村さんを見つけたとき、長男と甥は外出していたということです。
近所に住む人
「まさか4人で住んでいるとは思っていなかった。てっきり(奥村さん)一人で住んでいると思っていた」
家族のうち、甥と連絡が取れていないということで、警察は甥の行方を捜すとともに、妹から話を聴くなどして殺人事件として捜査しています。(23日18:05)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする