帝王切開で出産し「人食いバクテリア」に侵された母親 死の淵をさまようも再起中

帝王切開で出産し「人食いバクテリア」に侵された母親 死の淵を…の画像はこちら >>
帝王切開で出産した母親が、「人食いバクテリア」に感染し生死の境をさまよった。一命を取り留めた今は、6人の子供たちのため完全復活に向けて動いていると、『Mirror』など海外メディアが報じている。
イギリス・ロンドン東部のポプラーに住むサラ・ハンフリーさん(41)は、2018年に帝王切開で娘を出産した。そして、その手術の3日後に、帝王切開の傷の周りに現れた黒いあざをおかしいと感じたものの、医師からは「これが普通」と告げられたという。
しかしその翌日、自分の傷跡から「太陽の下に置いておいた肉が腐ったような臭い」を感じたそうだ。傷跡からは液体がしみ出しており、次第に幻覚が起きるようになった。
サラさんは、通称「人食いバクテリア」に感染し、細胞・筋肉・臓器に影響を与える壊死性筋膜炎を起こしていることが発覚した。
人食いバクテリアは、通常であれば傷跡から侵入し、近隣の細胞に損傷を与え急速に進行するため、素早く治療に入らないと致命傷となることもある。また治療を開始しても、5人に1人は死亡するという恐ろしい致死率の高さなのだ。
サラさんはあわただしく手術室へと搬送され、その時のことを「私を生かそうとしてくれているのか、苦しむことなく逝けるようにしたいのかわからなかった」と振り返る。
そして「赤ちゃんをお母さんの横に置いて写真を撮ってあげて。無事に戻れないと思うから」とパートナーが言われているのを、耳にしていたという。

手術にはアムステルダムからも医師が駆けつけ、腐った肉の塊を3つも摘出。合計10週間、14回の手術を乗り越えたサラさんは一命を取り留めた。
長く寝たきりの入院生活を送ったせいで、歩行に障害が出ているサラさん。ヘルニアも併発し、5分以上立っていると痛みで気分が悪くなり、活動に制限が出ているという。
コロナ禍の中、命にかかわる手術ではないため、ヘルニアの手術日程すら組むことができていない現状。サラさんは6人の子供たちとの生活を支えるため、スクーターを買う資金をクラウドファンディングサイトで募っているそうだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする