ゲームアプリのアカウント詐取 会社員の男 逮捕

ゲームアプリのアカウント売買サイトで、代金を支払うように装ってアカウントをだまし取り、売りさばいていたとみられる男が警視庁に逮捕された。
会社員の児島治樹容疑者(27)は2019年、ゲームアプリの売買サイトで、20代の男性のアカウントを25万円で購入する申し込みをしたうえで、サイト管理者を装って、「支払いが完了したのでパスワードを送ってください」とメッセージを送り、アカウントをだまし取った疑いが持たれている。
調べに対し、児島容疑者は容疑を認め、「これまでに十数件のアカウントを不正に取得し、それを売って50万円ほど得ていた」と供述しているという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする