レクサスが新型「LX」発表! ランクルとどこが違う?

レクサスが新型「LX」を発表した。日本での発売は2022年初頭の予定だ。1996年の発売以来、約50カ国で累計50万台が売れた(2021年8月末時点)というレクサスのフラッグシップSUVの新型だが、先に発売となったトヨタ自動車の「ランドクルーザー」とは何が違うのだろうか。

○4座のVIPグレードが選択可能!

新型LXは新型ランドクルーザーと同じ「GA-Fプラットフォーム」を採用する悪路走破性の高いSUVだ。ラダーフレーム構造を前型から踏襲し、車体重量を約200キロ軽くしたところもランクルと共通。V型6気筒ツインターボでガソリンが3.5L、ディーゼルが3.3Lというエンジンのラインアップも同じだ。

ランクルと大きく異なるのは顔つきだ。LXはレクサスのトレードマークである「スピンドルグリル」となっているが、とにかく大きくてインパクトがすごい。インテリアカラーでは、LXは「ヘーゼル」や「ホワイト&ダークセピア」などの上品な色合いを用意する。

LXはランクルにはない特別なグレードを用意する。4人乗りのVIPグレード「EXECUTIVE」と悪路走破性を高めた「OFFROAD」だ。

「EXECUTIVE」はLX初の4座VIPグレード。後席の快適性が向上しているので、運転手(ショーファー)にハンドルを任せてくつろいだり、ときには自分で運転したりといった使い方が楽しめる。後席は最大48度のリクライニングが可能。レッグスペースは最大で1,000mmまで拡張することができるそうだ。助手席の後ろではオットマンも使える。

「EXECUTIVE」専用のリヤシートは頭部、腰、臀部を包み込む凹形状のヘッドレスト、シートバック、クッションを採用。カーブでの横Gや路面の入力に対し、高いホールド性を確保しているという。

専用の読書灯、リヤシートディスプレイ、専用のオーディオシステムなどは標準装備。天井には“EXECUTIVE”専用のエアコン吹き出し口があり、風が上部から降り注ぐ。後席のさまざまな機能や装備を集中管理するリヤコントロールパネルとその周辺は、使い勝手を最優先とし、配置や形状にいたる細部にまでこだわったとのこと。

OFFROADは国内専用仕様。より高い悪路走破性を発揮するため、3つのディファレンシャルロック(フロント、センター、リヤ)を標準装備している。扁平率の高い18インチタイヤ、マットグレー塗装のホイール、ブラック塗装のホイールアーチモール、ダークグレーメタリック塗装のフロントグリルなどが専用装備となるそうだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする