甲府放火“2人死亡”事件で逮捕の19歳少年 強い殺意と計画性があった可能性…被害者長女と面識あり

「パン、パン、パン、パン」

12日午前3時50分ごろ、車のボンネットを叩くような音が辺りに響き渡り、木造2階建ての住宅から火の手が上がった。

山梨県甲府市で住宅が全焼し、この家の住人で井上盛司さん夫婦とみられる遺体が発見された事件。発生から約15時間後の同日午後7時ごろ、19歳の少年が甲府市から約30キロ離れた駐在所に突然車で現れた。少年は当時、無人だった駐在所から警察署に電話をかけ、涙で声を詰まらせながら「人を殺してしまった」と告げた。

すぐに警察官がパトカーで現場に駆け付け、少年の身柄を確保。南甲府署に引き渡し、翌13日、井上さんの10代の次女に対する傷害容疑で逮捕した。少年の顔にはやけどの水ぶくれがあり、指にもけがを負っていた。

井上さん夫婦は50代で10代の姉妹と4人暮らし。事件当日、2階で寝ていた妹が1階で言い争う声を聞き、階段を下りると、少年と鉢合わせに。妹があわてて2階に戻ろうとしたところ、背後から凶器で頭を殴られた。妹は階段を駆け上がり、2階にいた姉とともにベランダから逃げ出した。

姉が屋外から「泥棒に入られた」と110番したのは午前3時46分。そのわずか5分後、住宅から出火し、瞬く間に燃え広がり、黒焦げになった家から2人の遺体が見つかった。現場付近の道路には血痕が残され、油がまかれたような痕跡もあった。

逮捕された少年は、姉と同じ定時制高校に通っていて姉と面識があったというが、事前に油まで用意していたとしたら相当、強い殺意と計画性がうかがえる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする