インターンシップ参加後、「お礼状」などを出さなかった学生が61.6% 感謝の気持ちがないから?

インターンシップやワンデー仕事体験に参加した後、企業にお礼状などを出したことがある学生は38.4%――そんな結果が、マイナビが2023年3月卒業予定の全国の大学3年生、大学院1年生を対象に実施した調査で分かった。

内訳をみると、「メールでお礼を伝えたことがある」(29.2%)が最も多く、「マイページやLINEなどのツールでお礼のメッセージを送ったことがある」(10.8%)、「手紙・ハガキでお礼状を出したことがある」(5.1%)と続いた。お礼状・お礼メールを送ったことがないと回答した学生は61.6%だった。

お礼状などを出した理由を尋ねると、1位は「お世話になった社員にお礼を伝えたかったから」(36.1%)、2位は「送ることがマナーだと習ったから」(25.6%)、3位は「インターンシップの内容に満足したから」(17.3%)だった。「送ることで良い印象を持ってもらえると考えたから」と回答した学生は15.9%だった。

お礼状などを送らなかった理由は、「お礼状・お礼メールを送るという考えがそもそもなかったから」(59.9%)が最も多く、「業務の妨げになり迷惑になりそうだから」(20.4%)、「送りたかったが、どのように送ればいいのか分からなかったから」(19.2%)と続いた。

インターンシップへの参加意欲は?
10~12月の時間的な余裕と、インターンシップ・ワンデー仕事体験への参加意欲を尋ねた。すると、93.0%が「参加意欲あり」と回答した。内訳は、「時間があり、参加意欲もある」(36.9%)、「時間はないが、参加意欲はある」(31.2%)、「時間を作れるか分からないが、参加意欲はある」(24.9%)という結果に。「時間があり、参加意欲がある」と回答した学生が36.9%だったことを受けて、マイナビは「授業や研究などとの両立ができるかどうかで進捗は変わっていくものと推察される」と分析した。

9月時点で、インターンシップやワンデー仕事体験に参加したことがある学生の割合は、83.1%(前年同月比6.5ポイント増)だった。

インターンシップやワンデー仕事体験に参加したことがある学生に要望を聞くと、「もっと働いている人の雰囲気を知りたかった」(39.7%)が最も多く、「実際の仕事を体験したかった」(37.1%)、「会社・仕事の厳しさ、大変なことなどマイナスな部分も知りたかった」(33.8%)と続いた。

今回の調査は9月19~30日、マイナビ2023の会員に対してインターネット上で実施した。有効回答数は5881人。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする