千葉の乳児衰弱死、母に懲役3年 完全責任能力を認定

千葉県市原市のアパートで昨年1月、生後10カ月の娘を放置し死亡させたとして、保護責任者遺棄致死罪に問… [記事全文(外部ページを表示します)]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする