長女放置死、懲役13年確定へ 両親、プレハブに10年監禁

最高裁第3小法廷(戸倉三郎裁判長)は、大阪府寝屋川市の自宅敷地内のプレハブ小屋に長女を約10年間閉じ… [記事全文(外部ページを表示します)]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする