高速道路に飛んで来たのはカメ 遭遇の亀田さん「怖かった」

高速道路を走行中の車に突然、飛び石かと思いきや、飛んできたのはカメ。
遭遇したのは、亀田さんだった。
亀田隼さん「最初、何が飛んできたか考えはなかったんですね。飛び石にしては、ちょっと大きすぎるなと。ドライブレコーダー見直したら、あーカメだったのかと」
6月に免許を取ったばかりだという亀田さん。
友達と海に行く途中のことだった。
亀田隼さん「カメが飛んでくるって想定してなかったので、本当にゲームみたいな出来事」
カメがぶつかり、車のミラーなどが破損。
なぜ飛んできたのだろうか。
亀田隼さん「何か落ちてるのが見えた。最初から道路に。トラックが通っていくときに、『あ、踏んだ』みたいな感じ」
道路の右車線を見てみると、何か黒い物体が確認できる。
そして、トラックが通過した次の瞬間、タイヤにはじかれ、カメが飛来したのだ。
地元の爬虫(はちゅう)類専門店によると、現場の目の前には複数の池があり、そこに生息するミドリガメが、高速道路に入ってしまった可能性があるという。
亀田隼さん「よけられていなかったら、窓ガラスに来ていたと思うので、怖かったですよね。誰もけがなく終わってよかった」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする