脱北者「子、孫に会いたい」=北朝鮮政府への賠償訴訟弁論―来年3月判決・東京地裁

在日コリアンやその家族らに「地上の楽園」などと帰還を呼び掛け、渡航後は基本的人権を侵害したとして、脱北者の男女5人が北朝鮮政府を相手取り、計5億円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が14日、東京地裁(五十嵐章裕裁判長)であった。原告の本人尋問が行われ、原告は「(北朝鮮に残る)子と孫に再会したい」などと訴えた。
原告弁護団によると、国内で脱北者が北朝鮮政府を相手に起こした訴訟は初めて。北朝鮮側は出廷せず、即日結審した。判決は来年3月23日。
原告の一人で、17歳だった1960年に渡航した川崎栄子さん(79)は、現地の食糧事情が悪く「赤トンボを捕まえ、乾燥させて食べた」と明かした。
国民に餓死者も出る中、1人で脱北を決意。日本に帰国後も北朝鮮に残した家族と電話で連絡が取れていたが、新型コロナウイルス流行前の2019年11月を最後に音信不通となったという。北朝鮮での経験を突然思い出すこともあるとし、「暗い中で眠れない」と話した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする