岸田首相「ワクチン3回目を12月にも開始」 全国感染者611人 東京77人

岸田首相は衆参両院で行われた代表質問で、3回目のワクチン接種について、全額公費で行う方針を明らかにした。
公明党・石井幹事長「ワクチン接種の着実な実施や、3回目接種の円滑な実施とその無償化。総理の見解を伺います」
岸田首相「3回目のワクチン接種を全額公費負担で行うこととし、円滑な実施に万全を期していく」
12日、岸田首相は衆参両院で行われた代表質問で、3回目のワクチン接種について、全額公費負担で行う方針を表明した。
立憲民主党・福山幹事長「国民が知りたいのは、12月以降のワクチン接種のグランドデザインではないだろうか。今後の追加接種の方針、実施時期について、どのような姿を描いているのか、明確に説明を求めます」
岸田首相「3回目の接種については、早ければ本年12月から開始することを想定して、しっかりと準備を進め、円滑な実施に万全を期していく」
また、ワクチンの接種証明については、「速やかなデジタル化を目指していて、年内をめどに電子申請、電子交付の実現に向け検討を進めていく」と強調した。
一方、12日の全国の新規感染者は611人。
東京都は77人で、前の週の同じ曜日を51日連続で下回った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする