日本大使館・JICA職員や家族ら300人が出国 アフガニスタンから

茂木外相は、アフガニスタンから、これまでに日本大使館の現地職員と家族など300人余りが出国したと明らかにした。
茂木外相「現時点までに300人を超える日本関係のアフガニスタン人がアフガニスタンを出国しておりまして」
政府は、アフガニスタンからの退避について、日本大使館とJICA(国際協力機構)の現地職員と家族など、およそ500人を支援の対象としている。
このうち、これまでに300人余りがアフガニスタンを出国し、118人はすでに日本に入国した。
今後、さらに140人弱が日本に到着する見込みで、そのうちおよそ50人は、13日に日本に到着する予定。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする