水道メーター50個、バルブ77個が盗難 使っていない県職員住宅から 習志野

千葉県は12日、県職員向け集合住宅「大久保職員住宅」(習志野市泉町)で水道メーター50個やバルブ77個などが盗まれたと発表した。同住宅は2009年度に廃止されており、定期の見回りに訪れた県職員が被害に気付いた。県は被害状況をとりまとめた上で県警に被害届を提出する。
県によると、8日午後、県職員が同住宅の敷地出入り口のチェーンが切断され、ベニヤ板で封鎖するなどした住宅の入り口7カ所がこじ開けられているのを発見。詳しく調査して被害を確認した。9月28日に見回った際は異常なかったという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする