13日(水)の天気 前線停滞 広く雨で局地的に非常に激しい雨 関東以北はヒンヤリ

13日(水)の天気 前線停滞 広く雨で局地的に非常に激しい雨…の画像はこちら >>
きょう13日(水)も前線の影響で広く雨が降るでしょう。局地的に雷を伴って、非常に激しい雨が降りそうです。関東から北海道では日中も薄着ではヒンヤリとするでしょう。
前線の影響で雨 局地的に非常に激しく降る

きょう13日(水)も前線が西日本から関東沖に延びています。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になっています。本州付近には雨雲がかかり、局地的に発達した雨雲がかかっています。13日午前4時までの1時間に三重県志摩市付近では、約120ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨情報」が発表されました。このあとも、九州から近畿は雲が多く、所々で雨や雷雨となりそうです。東海は断続的に雨で、雷を伴って非常に激しく降る所もあるでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒、注意が必要です。関東は雨が降ったりやんだりの一日となりそうです。北陸や東北南部は午前を中心に雨が降るでしょう。雷が鳴って、ザッと雨脚の強まる所もありそうです。一方、高気圧に覆われる東北北部と北海道は、大体晴れる見込みです。沖縄は台風18号に向かう湿った空気の影響で、午前中ほど雨や雷雨で、風がやや強いでしょう。
関東~北海道は薄着ではヒンヤリ

最高気温は、沖縄や九州から東海は平年より高いでしょう。28℃くらいの所が多く、真夏日の所もありそうです。一方、関東から北海道では平年並みか低いでしょう。20℃前後の所が多くなりそうです。東京や仙台は11月並みで、薄着ではヒンヤリと感じられそうです。羽織るものなどがあると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする