池袋暴走事故で過失認めた飯塚幸三元被告、健康状態確認後刑務所に入る手続きへ 執行停止求めず

2019年の東京・池袋暴走事故で自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われ、禁錮5年の実刑判決が確定した旧通産省工業技術院元院長の飯塚幸三元被告(90)は12日、東京地検に出頭し、東京拘置所に収容された。出頭前、支援者を通じ「暴走は私の勘違いによる過失。ブレーキとアクセルを間違えた結果だった。過失を反省するため、刑に服してまいりたい」と初めて過失を認めるコメントを出した。
正午すぎ、自力歩行できない元被告は運転手らに支えられながら自宅の駐車場でタクシーに乗り込んだ。帽子を深くかぶり表情はうかがえず、報道陣が車内にカメラを向けると右手で顔を隠した。車は検察庁に向かった。
支援者によると、自宅を出る直前の元被告から「今日出頭になります」と電話があった。緊張した声で「家族のことを引き続き頼みます。あとはメールします」と言葉少なだったというが、届いたメールには過失を認めるコメントがつづられていた。
東京地裁は9月2日、アクセルとブレーキを踏み間違えた過失が事故原因と認定し、禁錮5年の判決を言い渡した。元被告は公判で遺族や被害者に謝罪したものの、自らの過失については一貫して認めず、車の異常が原因として無罪を主張し続けた。しかし、判決後に面会した支援者には「遺族に申し訳ない。判決を受け入れたい」と話し、控訴しなかった。検察側も控訴せず、同17日に判決が確定した。
一転して過失を認めたことについて、支援者は「自身の家族のこともよく考えた上での行動だと思う」と語った。
東京拘置所に収容された元被告は今後、健康状態を確認して刑務所に入る手続きが進められる。刑事訴訟法は「著しく健康を害するときや生命を保てない恐れがあるとき」や「70歳以上」の場合に刑の執行を停止できると規定しているが、元被告は執行停止を求めない意向を周囲に示していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする