「運転手に声かけた」と否認…無免許運転でバイクと衝突し男性に重傷負わせたまま逃走か 21歳男を逮捕

今年6月、名古屋市中区で無免許運転のうえ重傷ひき逃げをしたとしてブラジル国籍の男が逮捕されました。

逮捕されたのは、ブラジル国籍の無職フロエス・ナガセ・ガブリエル容疑者(21)です。

フロエス容疑者は、今年6月、中区大須1丁目の道路で無免許で普通乗用車を運転中、第1車線から2車線をまたいでUターンしようとしてバイクと衝突。バイクを運転していた男性(28)に重傷を負わせたうえ逃げた疑いが持たれています。

事故直後、同乗者の女性が運転していたとウソの説明をしていましたが、その後のドライブレコーダーの捜査からフロエス容疑者が運転していたことが分かったということです。

フロエス容疑者は「運転手に声をかけたので救護しなかったわけではない」と容疑を一部否認しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする