岸田首相「総合的に勘案した結果」 尖閣諸島 石垣市の上陸申請を認めなかったワケ

【東京】岸田文雄首相は12日の衆院代表質問で、沖縄県石垣市が尖閣諸島の字名変更に伴う行政標柱設置のため上陸許可を求めた申請を、政府が不許可としたことに関し「総合的に勘案した結果、上陸を認めないこととしている」と説明した。
首相は、尖閣諸島や周辺海域の安定的な維持管理のため「原則として政府関係者を除き、何人も上陸を認めないとの方針を取っている」と説明。こうした方針や、字名変更は市の告示により効力が生じていることなどを踏まえたとした。
日本維新の会の馬場伸幸幹事長は「なぜ石垣市の行政措置を認めないのか。行政権の行使などを通じて実効支配を強化すべきだ」と問いただした。
これに対し首相は、安定的に維持管理する方策について「さまざまな選択肢があるが、実際にどのような方策を取るかは、戦略的な観点から判断していくべきだ」と述べた。
岸田首相「総合的に勘案した結果」 尖閣諸島 石垣市の上陸申請…の画像はこちら >>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする