谷原章介、池袋暴走事故で飯塚幸三元被告の謝罪に「初めて反省の言葉が聞けた」

俳優の谷原章介が13日、MCを務めるフジテレビ系「めざまし8」(月~金曜・午前8時)にスタジオ生出演した。
番組では、東京・池袋で2019年、乗用車が暴走して母子が死亡、9人が重軽傷を負った事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われ、禁錮5年の実刑判決が確定した旧通産省工業技術院元院長の飯塚幸三元被告が東京拘置所に収監にされるにあたり、初めて過失を認め「暴走は私の勘違いによる過失でブレーキとアクセルを間違えた結果だった。私の過失を反省するため刑に服してまいりたいと思っております」などと遺族らに謝罪するコメントを出したことを報じた。
谷原は飯塚元被告の謝罪に「社会的にも大きな反響のあった事件ですけれども、初めて飯塚被告から反省の言葉、認める言葉が聞けた。これが一つの大きな節目なのかも知れません」とコメントしていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする