逮捕の19歳少年「1人でやった」 山梨“夫婦”死亡放火事件

山梨・甲府市で、夫婦とみられる2人の遺体が見つかった事件で、警察は、19歳の少年を傷害の疑いで逮捕した。
少年は、「1人でやった」などと容疑を認めていて、警察は、動機などについて調べている。
現場から、フジテレビ社会部・長谷川菜奈記者が中継でお伝えする。
逮捕されたのは、19歳の甲府市内に住む少年で、少年は顔にやけどなどを負っているという。
12日午前4時前、甲府市で「泥棒に入られた」と通報があったあとに、住宅が全焼し、この家に住む井上盛司さん夫婦とみられる2人の遺体が見つかった。
火が出る直前には、10代の娘が家の中で鉢合わせした男に、頭を殴られけがをした。
警察が、放火事件として男の行方を追っていたところ、12日夜、少年が出頭し、井上さんの娘に対する傷害の疑いで逮捕された。
少年は調べに対し、「間違いありません」、「1人でやった」などと容疑を認め、放火についてもほのめかす供述をしているという。
少年とけがをした井上さんの娘に面識はなく、警察は事件の経緯や動機について調べている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする