甲府放火 19歳少年の供述は 駐在所に出頭 泣きながら「人を殺してしまった」

山梨・甲府市で、夫婦とみられる2人の遺体が見つかった放火事件。
逮捕された19歳の少年が、12日夜に出頭した駐在所前から、フジテレビ社会部・長谷川菜奈記者が中継でお伝えする。
少年は、12日午後7時ごろ、現場から遠く離れた駐在所に出頭し、警察官が不在だったため、警察に電話で「人を殺してしまった」と泣きながら話したという。
傷害の疑いで逮捕された19歳の少年は、12日午前4時前、甲府市の井上盛司さん方で、井上さんの娘2人のうち、10代の妹の頭を殴り、けがをさせた疑いが持たれている。
井上さんの家は、この直後に出火し、焼け跡から、井上さん夫婦とみられる2人の遺体が見つかった。
少年は、12日午後7時ごろ、当時は無人だった駐在所に出頭し、「人を殺してしまった」と泣きながら警察に電話をし、警察官が、駐在所に到着した際は、逃げたり暴れたりせず、落ち着いた様子だったという。
少年は、傷害の容疑を認め、放火についても、ほのめかしているという。
少年は、10代の姉と面識があり、警察は犯行に至った動機を調べている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする