財務省も文書不開示決定=赤木さん妻請求―改ざん問題

公文書改ざんをめぐる国家賠償請求訴訟の口頭弁論後、取材に応じる赤木雅子さん=13日午後、大阪市北区
学校法人森友学園への国有地売却をめぐる財務省の公文書改ざん問題で、自殺した同省近畿財務局職員赤木俊夫さん=当時(54)=の妻雅子さん(50)による行政文書の開示請求について、同省は13日までに不開示決定をした。11日付。
雅子さんの代理人弁護士が明らかにした。雅子さんは8月、財務省がまとめた調査報告書の関連文書などの開示を請求。同局も11日付で不開示決定をしていた。
鈴木俊一財務相名の決定通知書では、調査報告書の作成時に収集した文書について「職員の監察に関する資料で、一部でも公にすれば今後同種の調査に必要な協力を得られなくなる」と指摘。「未成熟な情報で、不当に国民の間に混乱を生じさせる恐れがある」とも記した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする