母親の交際相手の男起訴=3歳児に熱湯、殺人罪で―大阪地検

大阪府摂津市のマンションで8月、新村桜利斗ちゃん(3)が母親の交際相手から熱湯を掛けられ死亡した事件で、大阪地検は13日、殺人罪で無職松原拓海容疑者(24)=同府羽曳野市=を起訴した。
捜査関係者によると、松原容疑者は逮捕後の取り調べに「故意に熱湯を浴びせていない」と容疑を否認し、その後は黙秘しているという。
起訴状によると、8月31日午後1時40分~4時50分ごろの間、当時同居していた桜利斗ちゃんの全身に殺意を持って高温の湯を浴びせ続けるなどして、重度のやけどを負わせ熱傷性ショックにより死亡させたとされる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする