弁護側「心神喪失」と無罪主張=祖父母ら5人殺傷で初公判―神戸地裁

神戸市北区で2017年7月、祖父母ら5人を殺傷したとして、殺人罪などに問われた無職竹島叶実被告(30)の裁判員裁判の初公判が13日、神戸地裁(飯島健太郎裁判長)であった。竹島被告は「(間違いは)ありません」と述べ、起訴内容を認めた。弁護側は、被告が事件当時、統合失調症により心神喪失状態だったとして無罪を主張した。
検察側は、妄想や幻聴の影響は認めつつ、正常な精神は残されており、心神耗弱状態だったと主張。今後、精神鑑定を行った医師の証人尋問や被告人質問などが行われる。判決は11月4日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする