トヨタ、「クラウン」約4万5000台をリコール

トヨタ自動車は10月13日、「クラウン」4万4796台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。後席ドア後部のクォータウィンドウガラスのモールディングにおいて、取付構造が不適切なため、冷熱の繰返しで取付部が劣化して脱落する恐れがあると発表。

対象は、2018年5月~20年4月の製造車。対策として、全車両のクォータウィンドウガラスを対策品と交換するとしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする