親会社と会長、罰金5万円=千葉トラック事故、道交法違反で略式命令―簡裁

千葉県八街市で6月、下校途中の小学生の列にトラックが突っ込み、児童5人が死傷した事故で、千葉区検は13日、運転手梅沢洋被告(60)=自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)罪で公判中=が勤務していた親会社の「南武」(東京都)と同社の男性会長(71)を道交法違反(安全運転管理者不選任)罪で略式起訴した。
千葉簡裁は同日、それぞれ罰金5万円の略式命令を出し、即日納付された。
起訴状によると、南武は2014年2月28日から事故当日の今年6月28日までの間、八街市にある梅沢被告の勤務先で、自家用の白ナンバートラックを5台以上使用していたのに、法定の安全運転管理者を選任していなかったとされる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする