収容制限なくし延べ3万2千人集客…『Hey! Say! JUMP』コンサートで行動緩和に向けた実証実験へ

行動制限の緩和に向けた実証実験について愛知県は、今年12月に名古屋市で行われるアイドルグループ『Hey! Say! JUMP』のコンサートで実施すると発表しました。

大村知事は13日の会見で、イベントの収容人数の制限などを緩和する「ワクチン・検査パッケージ」の実証実験について、今年12月に行われるアイドルグループ『Hey! Say! JUMP』のコンサートを対象に実施すると明らかにしました。

会場は名古屋市南区の日本ガイシホールで、現在50%となっている収容制限をなくし、4回の公演で延べ3万2000人を集客する計画です。

入場者にはワクチンの2回接種、またはPCR検査での陰性証明を求めます。

大村知事は「実験を積み重ねることでいろいろな行事やイベントで集客を再開することに繋がっていく」と期待を示していました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする