火災直前に1階で起きていた“異変” 「人を殺してしまった」泣きながら出頭した少年(19 ) は10代の娘と面識が…

山梨・甲府市で住宅が放火され夫婦とみられる遺体が見つかった事件で、逮捕された19歳の少年が夫婦の娘と面識があったことがわかった。
少年は出頭した際、泣きながら「人を殺してしまった」と警察に話していたことも新たにわかった。
山梨・甲府市で10月12日未明、全焼した住宅から2人の遺体が見つかった事件。
13日未明、10代の娘にけがをさせた疑いで逮捕されたのは、19歳の少年だった。甲府市内に住む少年は、被害に遭った姉妹の姉と面識があったことが分かった。
火災は12日未明、井上盛司さん夫婦と10代の姉妹2人が住む2階建て住宅で発生した。
焼け跡から見つかったのは、井上さん夫婦とみられる2人の遺体。
異変は火災発生の直前に起きていた。午前3時半すぎ、争うような声を聞いたため妹が1人で様子を見に1階へ。すると、見知らぬ男と鉢合わせになった。妹が逃げようとしたところ、男に何らかの凶器で後ろから頭を殴られたという。火の手は姉妹が逃げた直後に上がったとみられている。
事件が動いたのは、12日午後7時ごろ。火災発生現場から直線で約30km離れた駐在所に少年が出頭した。
長谷川菜奈記者:少年はこちらの駐在所に出頭し、警察に自ら電話をしたということです。
出頭した際駐在所は無人で、19歳の少年は電話を通じて泣きながら「人を殺してしまった」と話したという。

顔にやけどを負い手も怪我していたという少年。調べを進めた結果、警察は13日午前2時半前に10代の妹に対する傷害容疑で少年を逮捕した。
防犯カメラの映像などから捜査線上に浮上していたというこの少年。姉妹の姉とは高校が同じで面識があったという。しかし事件前、井上さん家族からストーカー被害などの相談はなく、姉が少年に恨まれるような出来事もなかった。
容疑者逮捕の知らせに現場近くの小学校に子どもが通っているという男性は、複雑な思いを口にした。
小学生の子どもを持つ保護者:犯人が捕まったってことで、とりあえず一安心だと思いますけど、いつ自分の家が燃やされるかもわからないですし、物騒な世の中になったなって思いますよね。
出頭した際、凶器などは持っていなかったという19歳の少年。調べに対し「一人でやった」などと話し容疑を認め、放火への関与もほのめかしているという。
(「イット!」10月13日放送分より)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする