職場で発生した2つのクラスターが拡大…岐阜でコロナ新規感染者18人 いずれの職場も拡大の主な原因不明

岐阜県では13日、新たに18人が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。

新たに新型コロナウイルスへの感染がわかったのは岐阜市や美濃加茂市などに住む10歳未満から90代までの18人です。

関市の職場で発生していたクラスターでは、新たに職員4人とその家族などに感染が広がり、クラスターは16人になりました。

岐南町の職場のクラスターでも新たに職員4人とその家族1人に感染がわかり、クラスターは13人になりました。いずれの職場でも感染が拡大した主な原因はわかっていないということです。

病床使用率は12日時点で7.8%、重症者数は3人です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする