コース料理等食べた11人が下痢や嘔吐…『まるは食堂』グループの店で食中毒 原因の菌などまだ検出されず

レストラン「まるは食堂」グループの愛知県南知多町の店で、食事をした客11人に食中毒の症状が確認され、県は店を営業禁止処分にしました。

県によりますと、食中毒が発生したのは南知多町の「まるはリゾートまるはドライブイン内海店」で、10月10日の昼や夜に食事をした45歳から76歳までの11人に、下痢や嘔吐などの症状が確認されました。

全員症状は軽く、現在は快方に向かっているということです。

発症した客はコース料理などを食べていましたが、これまでに料理やスタッフなどから原因となる菌やウイルスは検出されていないということです。

県は13日付けで、店を営業禁止の処分にして原因を調べるとともに、まだ聞き取りができていないほかの利用客67人への調査を進めています。

運営会社の「まるは」は取材に対し、「体調を崩されたお客様に大変申し訳ないと思っております。原因は調査中ですので保健所に協力をしてしっかり対応していきたい」とコメントしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする